グループウェアNavi > 営業日報とは【営業マネージャー必見】

そもそも営業日報とは?

外回りの多い営業担当から、その日にあったことを聞き出し、記録しておくことは大事だと分かっていても、時間の都合で毎日打ち合わせをするのはなかなか難しいものです。
そのために営業日報が存在するのですが、ここで問題です。
その本来の目的何でしょうか。多くの方は営業担当の活動報告、行動管理と思われているでしょうけれど、実は違うのです。
今回は、そんな営業日報の効果的な使い方についての話をしていきたいと思います。

営業日報は何のためにあるのか?

そもそも営業日報を営業担当の今日一日の行動記録だと認識していませんでしょうか。
それでは営業担当は自分の行動が管理されているだけ、上司からの信頼が得られていないのかとモチベーションが下がってしまいます。
それだけではなく、せっかく顧客と直接接点を持つ営業担当が掴んでいる顧客情報を組織内で共有することもできません。
営業日報は行動管理のために存在するのではない、という認識が必要なのです。
営業担当そして管理側も営業日報を情報共有の場と認識するだけで、日報の書き方が変わってくるはずです。
そこには一日の行動記録だけでなく、顧客側の動向やニーズ、それらに対する営業担当の感想が書き込まれることが求められてくるのです。

営業日報を今以上に活用する

営業日報が今日一日の行動記録ではないという認識を持つところから、日報の更なる活用方法が生まれてきます。
営業担当の失敗に対する自らの反省を書き込んでいく。
顧客からのクレームを書き込んでいく。
顧客のニーズに気が付いた営業担当の感想を書き込んでいく。
そうして書き込まれていった情報を担当上司が吸い上げ、分析を加え、タイムリーなアドバイスを営業担当に与えていく。
そのアドバイスに従い、営業担当は顧客へのアプローチを変えていく。
そうした行為を営業担当、上司が繰り返していくことで、いわゆるPDCAサイクルの向上につながっていきます。
外回りが多く、行動が把握できない営業担当の管理をするためだけでない、活きた営業日報に変貌していくはずです。

営業日報の電子化をすすめる

情報共有の場である営業日報は、グループウェアなどのソフトウェアを使い電子化することで、さらに効果的になります。
日々集められる情報は、ソフトウェア内で一元管理され、組織全体で閲覧すること、分析を加えることが可能になるのです。
情報は他の営業担当にも共有され、活用されることも可能になります。
営業日報の電子化を可能にするグループウェアやSFAの導入をぜひお勧めします。

SFAのランキングを見る

グループウェアNaviお役立ち記事カテゴリー

  • グループウェア
  • ワークフロー
  • sfa
  • 営業活性
運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

  • グループウェア比較ランキング
  • ワークフロー比較ランキング
  • sfa比較ランキング
コラム一覧
コラム一覧

© グループウェアの徹底比較【必見】|グループウェアNavi.com All Rights Reserved.