グループウェアNavi > 営業の苦労を軽減するポイント

営業職の苦労とは?

企業という組織の中で唯一顧客との直接的な接点を持つ営業職。
顧客と会うためのスケジュール作り、商品を説明するための資料作り、組織内で承認を得るための書類作り、経費精算、そしてなんと言っても顧客との直接交渉と情報収集。
また受注した仕事へのアフターケアとクレーム処理。営業職の時間と体力はいくらあっても足りないように思えます。
今回はそんな営業職の負担を軽減するという話をしていきたいと思います。

時間配分と情報の取扱い

営業職の仕事効率が上がらないのは個人の能力と要領が悪いせいだということをよく耳にしますが、これは問題の本質をすり替えている答えです。
工場での仕事のようにマニュアル化できない、数値化できないと言い換える場合もありますが、これも同様です。
問題の本質は業務フローも集まってくる情報も営業担当個人の中でしか消化されないという状態にあるということを管理側も認識しないといけません。
営業の業務フロー、収集される情報を組織内で開示し、可視化する。
その上で営業目標をアポの数や見積り提出数といった数値でとらえる。
このふたつを行うだけで、仕事の時間配分もスムーズになり、情報分析もタイムリーに行われていくものです。
仕事が個人に集中してしまうのは、管理側の責任という認識が必要です。

営業マンの負担を軽減することが効率化につながる

営業の仕事の進め方が効率化できないのは営業担当の責任とばかりは言えません。
管理側が営業の業務フローや集まってくる情報を組織内全般で可視化できるよう意識を変え、環境を整備していく必要があります。
ともすれば営業の仕事は属人的になりがちで、結果だけで評価を下される傾向にありました。
業務フローを組織内で可視化し、提案、見積り、クレーム処理といった営業の仕事に対し的確な助言を与えたり、新たな提言をしたりと属人的であった仕事を開放していくことが業務フローをスムーズに動かし、効率化を推し進めてくれます。
個人で責任を抱え込むことも、仕事をしているのに評価をもらえないなどの不満や不安も解消され、営業職が抱える苦労はぐっと軽減されるはずです。

負担軽減に効果を発揮するツール

業務フローや情報の可視化が営業職の負担を軽減し、効率化を図る一歩になるのであれば、SFAやグループウェアの導入を検討してみてはいかがでしょう。
申請書や日報の提出、スケジュール調整、顧客情報や動向の共有、アフターケアのリマインドなどまでオンラインで行える機能満載のソフトウェアも登場してきていますので、ぜひ導入を検討されることをお勧めします。

グループウェアのランキングを見る

グループウェアNaviお役立ち記事カテゴリー

  • グループウェア
  • ワークフロー
  • sfa
  • 営業活性
運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

  • グループウェア比較ランキング
  • ワークフロー比較ランキング
  • sfa比較ランキング
コラム一覧
コラム一覧

© グループウェアの徹底比較【必見】|グループウェアNavi.com All Rights Reserved.