グループウェアNavi > 部下の管理が上手くいくようになるコツ

部下の管理にはコツがあります。

部下を指導、管理したいがなかなかうまくいかない、管理、指導はしているが効果が見られないなど、こういった悩みを抱えた上司の方は多いと思います。
そのまま放っておけば、管理能力不足と経営陣からレッテルを張られてしまう可能性も大きいでしょう。
でも心配は無用です。
部下の管理にはちょっとしたコツがあるのです。
今回は、そんな部下の指導、管理のコツに関してお話をしていきましょう。

部下を管理、指導する際のちょっとしたコツ

部下の指導、管理がうまくいっていない場合、その最大の原因はコミュニケーションの取り方です。
指導法、管理法といって部下の行動をガチガチに固めてしまうこともできますが、それではますます部下を追い詰め、仕事のモチベーションさえ奪ってしまう結果になることでしょう。
そんなときはコミュニケーションの取り方にちょっとした変化を与えるのがコツです。
まず部下への叱咤をできる限り具体的にする。
「もっとうまくやれよ」ではなく、何がうまくなかったのか具体的に伝えることです。
また、「どうしてできなかった」ではなく、「どうしたらできるようになる」と質問の仕方を変えてみましょう。
もうひとつは使う言葉の定義を具体的に部下と共有しておくとコミュニケーションが驚くほどスムーズになります。

上手な管理をもたらす業務の可視化

叱り方を変える。
質問を変える。
言葉の定義を共有する。
煎じ詰めると、これらはすべて仕事の可視化を意味しています。
叱り方を変えるのは、具体的に問題点をあぶりだすという意味ですし、質問を「どうして」から「どうやったら」に変えることも、部下が理解していないことは何なのかをあぶりだすことを意味します。
もちろん言葉の定義を共有するのは、上司が意味していることが何なのかを部下にとっても見やすいものにすることを意味します。
可視化によって問題点や理解不足があぶりだされ、定義、価値の共有によって仕事の目的が明確になれば、上司部下共に効率的に仕事を進めていくことができ、それまでにましてコミュニケーションも有益なものに変化していきます。

可視化をもたらすグループウェア

営業においても、他の職種においても業務の可視化は上司部下それぞれにとって有益なものです。
コミュニケーションを取りながら、更なる可視化が進むことで仕事の効率化もぐんと上がるはずです。
そんな可視化を促進するためにもグループウェアやワークフローなど組織内のコミュニケーションと見えるかを促進するソフトウェアの導入をぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

グループウェアのランキングを見る

グループウェアNaviお役立ち記事カテゴリー

  • グループウェア
  • ワークフロー
  • sfa
  • 営業活性
運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

  • グループウェア比較ランキング
  • ワークフロー比較ランキング
  • sfa比較ランキング
コラム一覧
コラム一覧

© グループウェアの徹底比較【必見】|グループウェアNavi.com All Rights Reserved.