グループウェアNavi > SFAの基本的な機能を徹底解説

SFAの基本機能を押さえておきましょう

企業IT化の一環として導入実績も増えてきているSFA営業支援ツール。これまで把握しづらかった営業活動を可視化し、効率化することで売り上げアップにつなげる便利なツールとして人気も高まり、導入を検討する企業も多いことと思います。市場には様々な機能を搭載した製品やサービスが出現しています。今回はそんなSFAの基本的な機能を押さえていきたいと思います。

>>SFAとは

営業担当から企業側へ働きかけるSFAの機能

SFAは、外回りの多い営業マンの動向を会社側が管理したいという考え方からスタートしました。ただしこれは黎明期の話であり、その後すぐに管理だけが目的ではなく、売り上げアップにつながる効率化が目的であることをSFA提供者も採用企業も気づきはじめるのです。営業担当が抱えている顧客情報、訪問、面談のスケジュール、進捗状況、顧客からの要望などの情報を営業マンから吸い上げ、一元管理できることは当初からSFAに搭載されている基本機能であり、それは今でも変わりません。ただ今では、そういった情報が過去の事例や売り上げ実績に紐づけられたり、上司や経営陣が可視化された営業の動きをとらえ、リアルタイムで情報を分析した上で的確なアドバイスを与えるなど、多元的に利用できる機能も追加搭載されています。

会社側から営業担当へ働きかけるSFAの機能

SFAを通すことによって、営業担当からの情報は可視化され、上司のみならず経営陣など全社的に共有されます。また日々の情報は過去のデータベースとも連携させることが可能になります。SFAのもうひとつの大きな機能は、こうした情報を分析し、判断を下した上司、経営陣、他部門から個々の営業担当に対して、リアルタイムでアドバイスや経営的な判断を交えた指示を送ることができるということです。もちろん指示のないようにもよりますが、SFAを通すことで得られる即時性(リアルタイム)がここではとても大事になってきます。また会社側は新しい情報をこれまでの情報に紐づけ、分析をすることで戦略的な立案が可能となり、これもSFAを通すことでリアルタイムで営業担当などと共有することも可能です。

重きを置かれる機能は個々の製品によって違いが…

SFAの機能は日々、多彩になり、ベンダ各社も新機能の開発、搭載に余念がありません。ただし、ベンダごとに重要視する機能は異なっていることも事実です。SFAはあくまでもツールであり、自社の業務の流れに合ったものを選定することが大事になってきます。また、ベンダ側に導入後の支援、協力体制が備わっているかということも選定の大きな判断材料であることを付記しておきます。

SFAのランキングを見る

グループウェアNaviお役立ち記事カテゴリー

  • グループウェア
  • ワークフロー
  • sfa
  • 営業活性
運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

  • グループウェア比較ランキング
  • ワークフロー比較ランキング
  • sfa比較ランキング
コラム一覧
コラム一覧

© グループウェアの徹底比較【必見】|グループウェアNavi.com All Rights Reserved.