グループウェアNavi > 小規模の企業でも採用できるグループウェアの条件とは

小規模企業に向けたグループウェアの意義

グループウェアを導入するのは何もある規模以上の大きな企業ばかりではありません。スタートアップや少人数の組織であるからこそ、グループウェアによる業務の効率化、知識の有効活用が必要であることもあり、またこれまでの作業形態にこだわらない新しいワークスタイルをグループウェアによって実現するということもあると思います。ここでは、小規模組織に向けたグループウェアの在り方を考えてみたいと思います。

小規模企業でも採用できるグループウェアの条件

小規模企業でも採用が可能なグループウェアの条件を考えてみると、1)費用のかさむオンプレミス型ではなくサービスだけの購入で自由度の高い機能を使えるクラウド型を採用する、2)コストを抑えるために安価な月額支払いを提供するサービスを採用する、3)利用人数の下限を設けていないサービスを採用する、といった3つのポイントがあげられると思います。高価なハードウェアの導入なしで利用できるクラウド型で、少人数からでも使った分だけを月額利用料を支払うだけで使用が開始できるグループウェアであれば小規模企業でも十分に継続的な使用が可能になるということです。

小規模組織だからこそ活用してほしいグループウェアの機能

小規模組織であれば必然的に限られた人数の中で業務を兼務し、情報をさらに有効活用し共有することで競争力をつけていくことが求められます。グループウェアの機能の中には、モバイルからのアクセスや別の場所にいても互いのもつ情報をリアルタイムで共有することもできますから、そういった機能を活用して、より未来型の組織作りを目指すことも可能になります。またグループウェアにはプロジェクト管理やグループチャットなど、限定された情報のみを活発に交換し合うことを可能にする機能を搭載しているものもありますから、複数の小規模組織を限定されたトピックにおいてのみひとつの組織のように動かすこともできるようになるのです。

組織サイズに左右されないグループウェアとは

組織の大きさにかかわらず、グループウェアに求められるものは、機能の切り離しや連携を可能にする柔軟性であることが理解いただけたことと思います。数あるグループウェア製品の中でも機能が自由に選択でき、組み換え、連携が可能であるものなら、WawaOfficeが一番のお勧めとなるでしょう。柔軟性のあるサービスとソフトウェアで、たとえ小規模企業が大企業に成長していっても、変わらず使い続けられる、WawaOfficeがそんなグループウェアであることは間違いないでしょう。

グループウェアのランキングを見る

グループウェアNaviお役立ち記事カテゴリー

  • グループウェア
  • ワークフロー
  • sfa
  • 営業活性
運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

運営者紹介

私が仕事を進めていく上での信条は「知の共有」です。経営コンサルタントとして、クライアントの皆様に私の持つ知識を共有していくことが仕事の上での最も大切なことと考えています。

  • グループウェア比較ランキング
  • ワークフロー比較ランキング
  • sfa比較ランキング
コラム一覧
コラム一覧

© グループウェアの徹底比較【必見】|グループウェアNavi.com All Rights Reserved.